商用フリーのアイコンを入手する方法とは?

アイコン

アイコンといえばブログやSNSの顔として大活躍するアイテムですよね。
自撮り写真からユニークなイラストまでさまざまなものがあり、アイコンを配布している素材サイトも多いです。

アイコンは個々で自由に設定できますが、商用で利用したいときはどうすれば良いでしょうか?
ここでは商用フリーアイコンがほしい人に向けて、国内外のおすすめサイトをご紹介します。

商用フリーアイコンとは?

そもそも商用フリーアイコンとは何なのでしょうか?

一般的なアイコンとどのような違いがあるのか、詳しい内容をチェックしてみましょう。

商業目的で使える

商用フリーアイコンは商用目的で使えるアイコンです。
営利目的での利用が可能で、二次利用して利益を得られます。
アイコンの利用により、直接または間接的に利益を得た場合は「商用利用」といえるでしょう。

商用フリー以外ではトラブルも

フリー素材配布サイトのアイコンでも、著作権は基本的に制作者が保持しています。
商用フリー以外のアイコンを商用目的に使うとトラブルになる可能性があるので注意しましょう。

こんな人におすすめ!

商用でも使えるアイコンはネットで仕事をしている人に便利です。
以下のような場合は商用フリーアイコンの利用がおすすめです。

趣味の創作作品を販売している人

最近では個人の趣味で作った作品をイベントや通販で販売する人も増えています。
商用フリーのアイコンは販売目的で作った作品に利用できます。
素材として使ったり柄の一部として取り入れたりできるでしょう。

仕事で作品制作をしている人

商用フリーアイコンはフリーイラストレーターや企業に属するプロのクリエイターも活用できます。
素材を利用すれば1から作る必要がないので楽でしょう。
ただし商標登録などが関係する場合は事前確認が必要かもしれません。

そのまま使える!商用フリーアイコン素材サイト

フリーの文字

ネット上には多くのアイコン素材サイトがあります。そのなかでも商用フリーで利用できるおすすめサイトをご紹介します。

ICOOON MONO

膨大な数のアイコンが用意されており、ダウンロード前にサイト上でカラーを変えられます。自分で編集する手間が省けて便利でしょう。
シンプルで使い勝手が良いのが特徴です。

素材形式:jpg、png、ai、eps、svg
外部サイトへ:ICOOON MONO

iconmonstr

海外の人気アイコン素材サイトで4000種類以上の素材がそろっています。
クオリティが高くバリエーションも豊富。
検索フィルターを使えばほしい素材が簡単に見つかります。

素材形式:png、ai、svg、psd
外部サイトへ: iconmonstr

ICONFINDER

素材数が豊富な海外素材サイトでテイスト別に検索が可能です。
形式、サイズ、背景色といった項目でフィルターがかけられ、カテゴリ別にも探せます。
フラットデザインや3D素材も用意されていて便利です。

素材形式:svg、png、ico、icns
外部サイトへ: ICONFINDER

制作依頼に便利!商用フリーイラストサイト

アイコン制作を依頼する際は、商用フリーイラストを素材として利用してもらうことも可能です。
そんなときにおすすめのイラスト配布サイトをご紹介します。

freepik.com

ベクターやPSDの画像、写真素材などを探せる海外サイトです。
140万以上の素材がそろっているので自分に合ったものが見つかるでしょう。
似た素材を表示する機能もあり、好みの素材を探しやすいです。

素材形式:ai、psd、jpg
外部サイトへ: freepik.com

Flode illustration

花&植物モチーフ専門のベクター素材サイトです。
植物系の素材がほしいときに丁度良いでしょう。
ファイル形式はaiなので、クリエイターがillustratorを利用できる環境か確認する必要があります。

素材形式:ai
外部サイトへ: Flode illustration

無料イラスト素材ドットコム

ポップな素材が豊富にそろう無料イラスト素材サイトです。
装飾、フレーム、背景、テクスチャなどのデザイン素材のほか、シルエット素材も用意されています。
ジャンルが幅広いのでさまざまなシーンで活用できます。

素材形式:ai、png
外部サイトへ: 無料イラスト素材ドットコム

まとめ

将来的に自分オリジナルの商品を販売してみたいと考えている人なら、商用フリーアイコンは必須アイテムです。
フリー素材も活用できますが、独自のアイコンを作ったほうが安心かもしれません。

コミッションサイトの「SKIMA」なら好みのアイコンを制作依頼できます。
契約によっては商用フリーアイコンとしても利用可能なので便利でしょう。
サイトに登録して、好みのクリエイターを探してみてはいかがでしょうか?

コミッションサイト「SKIMA」