SNSアイコン作りにおすすめの加工アプリ&制作依頼方法

スマホを持つ女性

SNSは今や日常に欠かせないコミュニケーションツールとなっています。
そのため、毎日欠かさずチェックしている人も多いでしょう。

そんなSNSの顔となるのがアイコンです。特に設定しなくても利用可能ですが、オリジナルのものを作るとさまざまなメリットがあります。
ここでは、SNSアイコンの作成方法や便利な加工アプリ、イラストレーターへの制作依頼方法についてご紹介します。

SNSアイコンを作成するメリット

SNSでまず目に留まるのは、ホーム画面に表示されるユーザープロフィールアイコンです。
ひと手間かけてオリジナルアイコンを作成すると、以下のようなメリットが得られます。

自分らしさが出せる

LINEアイコンなどのプロフィール画像には、自分の写真以外にも好きなものや現在ハマっているものを設定できます。
簡単に好みが訴求できるため、自分らしさが演出できるのでおすすめです。

覚えてもらいやすい

誰でも見られるオープンなSNSの場合、印象的なアイコンにすると相手の目に留まりやすくなります。
ほかのアイコンと並んだときも埋もれないため、すぐに覚えてもらえるでしょう。

フォロワーが増える

Twitterのように見知らぬ人と手軽にやりとりできるSNSでは、アイコンの雰囲気が重要です。
親近感がわくアイコンであれば、気軽にフォローやリプライをしてもらえます。友達の輪を広げたい場合は雰囲気に気を配るといいかもしれませんね。

SNSアイコンを作る方法

手の中のスマホ

実際にSNSアイコンを作成するにはどのようにしたら良いでしょうか?
簡単にできる作成方法としては、主に以下の3つが挙げられます。

写真を加工する

一番お手軽なのは、スマホで撮った写真をアプリで加工する方法です。
素材の写真は、既存のもの以外にもその場で撮影が可能。特別に画像素材を入手しなくても良いので楽でしょう。
加工専用のアプリも多数あるので、初心者でも簡単にアイコンが作れます。

自分で絵を描く

絵を描ける場合は、ペイントソフトを利用して作るのも1つの手です。
自分の絵を広く知ってもらいたい場合は一石二鳥といえますが、一から絵を描いたり編集したりする手間がかかります。

制作を依頼する

より良いアイコンを作りたい場合は、イラストレーターにデザイン制作を依頼するのがおすすめです。
自分では描けないテイストの絵もお願いできるので、アイコンの幅が広がります。手間がかからないのも大きなポイントですね。

次のページでは、便利な加工アプリのご紹介と、イラストレーターに依頼する方法について詳しくお話していきます。


参考になった!と思ったら、ぜひシェアをお願いします。