イラストの仕事にかかわる権利とは?イラストを依頼する際の注意点

著作権法

イラストにはさまざまな権利が発生し、これらは著作権法で守られています。
この内容を理解していないと、知らないうちに著作権侵害になってしまう可能性があるので注意が必要です。

イラストを依頼する際は、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?
ここでは依頼者側が注意すべき権利や、契約時の権利の取り決め方についてご紹介します。

制作依頼したイラストの取り扱いとは?

イラストレーターに制作依頼した作品は、どのような取り扱いになるのでしょうか?

依頼者側は以下の3点に気を付ける必要があります。

イラストには著作権が発生する

著作物の権利は制作者が独占できることになっています。
自分が細かくオーダーしたイラストでも、基本的に著作権は得られません。
完全に自由に使えるわけではないので注意しましょう。

著作者を明記すると安全

依頼したイラストを使用する際は、著作者を明記しておくのがポイントです。
イラスト内に署名するイラストレーターもいますが、それを避けたい場合は別途表記することでトラブルを避けられます。

自作発言はNG!

Twitterなどでよく問題になるのが自作発言です。
有償制作であっても、クリエイターが作った事実は権利として守られているため違法にあたります。
周囲からの信頼も失ってしまうので避けましょう。

イラスト制作依頼で買い手が注意すべき権利

イラストに発生する主な権利には以下のようなものがあります。
発注者側もこの点に注意しておくと、安心して取引できるでしょう。

→SNSやブログで利用する際の権利についてはコチラ

著作権(財産権)

著作者が著作物を独占できる権利で、デザイン、音楽、小説などを創作した本人に自然と付与されます。
著作権譲渡契約をしない限り、著作物の権利はクリエイターが保持し続けます。
これは著作権法で定められています。

著作物は知的財産

著作物は知的財産権として複製権、公衆送信権、貸与権、展示権、譲渡権、翻案権を有します。そのため著作者の許可なしに無断使用、公開、販売、複製、2次創作はできません。

著作者人格権

人格権の一つで著作者が生涯保有する権利です。
著作権を譲渡した場合でも、この権利は失われません。
著作者人格権には、公表権、指名表示権、同一性保持権などの権利があり、同一性保時権をもたない人は著作物の仕様変更やアレンジができません。

権利の取り決めをしないとトラブルも?

困ったイラスト

イラストを依頼するときは、あらかじめ著作権契約を取り決めておくのがポイントです。
取り決めをしないと、以下のようなトラブルが発生する場合があります。

自由にイラストが使えない

権利にまったく触れずに契約した場合、著作権は放棄していないと後々言われることも考えられます。
外注したことを伏せておきたいときや、イラストに署名を入れないでほしいときなどは困るでしょう。

別途料金が発生する

契約内容によっては、最初に決めた用途以外にイラストを利用すると別途料金がかかる可能性があります。
著作者人格権を行使された場合はイラストの編集や改変ができないため、再度発注が必要になります。

契約時の権利の取り決め方

制作依頼したイラストを自由に使用するにはどうすれば良いでしょうか?
著作物利用許諾契約の方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

著作権の譲渡

自由に使用するには著作権の譲渡をお願いする必要があります。
必要であれば「著作権譲渡(翻案権・二次的著作物に関する権利も含む)」という形にしましょう。
この場合でも著作者人格権の同一性保持権を行使されると自由に改変できません。

著作権の譲渡+著作者人格権を行使しない

改変したい場合は「著作権の譲渡」と「著作者人格権を行使しない」をセットにします。
これにより依頼者はイラストを自由に使えます。
イラストレーターは自分が描いたことを公表する際、依頼者に許諾してもらう必要があります。

使用範囲を決めて許諾をもらう

著作権を譲渡せずイラストレーターが権利を保持する場合は、使用期間や許諾範囲を取り決めます。
依頼主は許諾の範囲内でイラストの利用が可能です。鑑賞用に描いてもらう場合はこの形で問題ないでしょう。

まとめ

イラストにはさまざまな権利が発生するため、いざというときはトラブルに繋がってしまいます。
それを避けるためにも契約時の取り決めが大切です。
しっかりと権利について理解したうえで、イラストレーターと良好な取引ができるようにしましょう。


参考になった!と思ったら、ぜひシェアをお願いします。