魅力的なキャラクターの作り方とは?4つのポイントと注意点!

小説や漫画を作る時、とくに大切なものといえば、ストーリーとキャラクターですよね。
面白い作品を生み出すためには、そのどちらもが必要不可欠。

今回の記事では、魅力的なキャラクターの作り方や、キャラクター設定時に気をつけたい注意点について、ご紹介していきます。

キャラクターの大切さ

まずは、物語におけるキャラクターの重要性についてご紹介します。

キャラクターは、ストーリーと密接に関わり合う

小説や漫画にとって、ストーリーは非常に大切な存在。
そのため、「小説・漫画制作では、キャラクターよりストーリーの方が重要」と思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、ストーリーとキャラクターは、どちらが欠けても作品が成り立たなくなる大切な要素。
すべての作品に当てはまるとはいえませんが、キャラクターの人物像や能力が、ストーリー作りのヒントになるシーンは多くなってくるでしょう。

キャラクターがストーリーを面白くする

キャラクターの性格により、物語の方向性も変わっていきます。

例えば、「主人公が困っている人を助ける」というストーリーで考えていきます。
この時、主人公が正義感の強い性格であれば、困っている人に自分から声をかけにいくはずです。
しかし、おとなしい性格なら黙ってスルーするかもしれませんし、性格が悪ければ困っているところにつけこんで、逆に利用しようとするかもしれません。

「主人公が困っている人を助ける」という物語は同じでも、キャラクターの性格次第で、

  • 「自分から助ける」
  • 「助けを求められて助ける」
  • 「下心から助ける」

など、各シーンの展開や、見た人に与える印象が大きく変わります。
もちろん、大筋のストーリーは固めておいたほうがいいですが、予想外の展開や、絶体絶命のピンチを作り出すのは、キャラクター自身である場合が多くなるでしょう。

魅力的なキャラを作る4つのポイント

ここからは、魅力的なキャラ作りのポイントを4つご紹介していきます。

強い個性をもたせる

強い個性をもつキャラクターは印象に残りやすく、見ていて面白いもの。
人気の漫画やアニメの登場人物を思い浮かべてみると、個性的な性格や特徴をもつキャラが多くなっていますよね。

主人公や、物語でメインとなる人物には、強い個性を設定するといいでしょう。

ギャップをもたせる

真面目、楽観的、陰気、クールなど、キャラクターの性格を決めたら、そこにギャップとなりそうな要素をひとつ追加してみましょう。
意外な一面を付け加えるだけで、インパクトのあるキャラクターが完成します。

例えば、普段はぶっきらぼうだけど、好きな人の前では甘えるキャラクター。
いわゆる「ツンデレ属性」ですが、こうしたギャップは意外性があり、根強い人気があります。

弱点を作る

キャラクター、とくに主人公には、何かしらの「弱点」を作るといいでしょう。
完璧なように見えて、どこかに弱点があると、人から共感されやすくなります。

また、戦闘ものでは、「3分しか戦えない」、「泳げない」など、
戦いでハンデとなりそうな弱点を設定すると、ピンチな状況を生み出しやすくなり、ストーリー展開に幅をもたせることもできますね。

ターゲット層を理解する

作品を読むターゲット層を考えて、キャラクターを作るのも大切です。
若い女性向けの作品なら「女子高生」、大人の男性向けなら「働く会社員」を主人公にするなど、
ターゲットとなる層が共感しやすいキャラクターを設定するといいかもしれません。

また、女性キャラしか登場しない男性向け作品、男性キャラしか登場しない女性向け作品も、ひとつのジャンルとして人気があります。

スポンサードリンク

キャラのこんな設定に注意!

ここからは、キャラクターを作るにあたってのNGポイントについてご紹介していきます。
気づかないうちに設定してしまう可能性もありますので、以下の点を意識してみてください。

ターゲット層に受け入れられないキャラクター

作品によって例外はあるかもしれませんが……

「若い女性向けの作品なのに50代のオジサンが主人公」
「少年向けの作品なのに、子育て中の奥様が主人公」など、
共感しづらいキャラクターを主人公にすると、読者はあまり読みたくない・つまらないと感じてしまいます。

他のキャラクターと性格が似ている

大抵の場合、小説や漫画にはキャラクターが複数登場します。
必ずそうとは限りませんが、物語が続けば続くほど、登場するキャラクターも増えていくもの。
そこで注意してほしいのが、キャラ同士での性格かぶりです。

主人公が強い個性を持っている場合は、相棒や親友キャラクターを平凡、やや地味な性格に設定するといいでしょう。
また、強い個性のキャラクターをいくつか作りたい場合には、全く違ったタイプの性格に設定するなど、バランスをとることが大切です。

キャラクター作りに役立つサイト紹介

キャラクター作りは性格や外見の設定、名前など、非常に多岐にわたります。
以下から、キャラクター作りに役立つサイトをご紹介しますので、困ったときは参考にしてみてください。

CHARAT

URL:https://charat.me
3頭身で、かわいいタッチのキャラクターが作れるサイト。
キャラクターのデザインを考えたり、外見のイメージをふくらませたりする際に便利です。

すごい名前生成器

URL:https://namegen.jp/
キャラクターの名前を生成できるサイト。
名前のパターンが多く、一度に大量の名前候補が表示されるため、使いやすくなっています。

SKIMA

URL:https://skima.jp/
イラストレーターにイラストをオーダーできるサイト。
一枚絵の作成からキャラクターデザインまで、さまざまな依頼に対応してもらえます。

まとめ

最後に、今回の内容について簡単にまとめました。

  • キャラクターとストーリーは密接に関わっており、キャラの性格が物語の展開を面白くする
  • 特徴となる強い個性、弱点、ギャップなどをもたせると、キャラが魅力的になりやすい
  • 作品を読むターゲット層を理解し、好まれないキャラクター設定は避ける
  • 長く続いているストーリー、キャラクターが多い作品では、キャラ同士の性格がかぶらないように注意する

面白い作品は、面白いストーリー、面白いキャラクターが揃ってはじめて生まれるもの。
小説や漫画を書いている方は、一度キャラクターの作り方を見直してみてはいかがでしょうか?