オリジナルアイフォンケース&スマホカバーを制作・依頼する方法

多くの人が日常的に持ち歩くようになったスマートフォン。
毎日使うものなので、せっかくケースをつけるなら、自分の好みに合ったものを選びたいですよね。

そんな時は、世界にたった一つのオリジナルスマホケースを作成してみてはいかがでしょうか?

今回の記事では、オリジナルのアイフォンケース&スマホカバーを作る方法や、制作を依頼する方法をご紹介していきます!

オリジナルスマホケースの魅力を紹介!

「オリジナルスマホケース」とは、一から自作したケースや、デザイナーに依頼してオーダーメイドでデザインしてもらったケースのこと。
ここからは、オリジナルケースの魅力についてご紹介していきます!

どこまで自作するか自由に選べる

「自作ケース」といっても、どこまで自分で作るかは個人の自由。
自分でイラストやデザインを作成する人もいれば、マスキングテープやラインストーンなど、好きな素材を集めてデコレーションする人もいます。

また、自分で撮った写真や自作のイラストを送ると、ケースにプリントしてくれるサービスもあります。
印刷を依頼する分費用はかかりますが、ものによってはかなり綺麗な仕上がりになりますよ!

古い機種にも対応できる

スマートフォンの新しい機種が発売されると、お店に並ぶケースも新しい機種用のものが増え、古い機種用のケースは減っていきます。
常に新しい機種のスマホを持っていれば問題ありませんが、古い機種を愛用している人は、ケースの選択肢が少なくなってしまいますよね。

オリジナルケースは、材料となる透明ケースの種類が豊富で、印刷会社の対応機種も幅広いため、旧機種のケースも問題なく作成できます。

オリジナルケースの活用法とは?

ここからは、オリジナルケースの活用方法についてご紹介していきます。

自分の趣味を追求する

お店で可愛いケースを見つけることはあっても、自分の趣味にピッタリ合うケースデザインとは、なかなか出会えないもの。

自分の好きなものをたっぷり詰め込んだデザインや、自分好みのデザインを自由に作れるのが、オリジナルケースの利点です。
また、その日のファッションや季節に合わせてケースを変えたい!という方にも向いています。

誰かにプレゼントする

オリジナルのスマホケースは、友人や家族へのプレゼント用としてもオススメです。
相手のためだけに作ったケースは特別感があり、嬉しいプレゼントになるでしょう。

ただし、プレゼントする場合には、相手のスマホの機種や、好みなどをしっかり把握しておいてくださいね。

オリジナルグッズとして販売する

可愛い、オシャレなハンドメイド作品を、ネット通販やイベントなどで販売している方は多くなっています。
デザインセンスに自信がある方は、販売用に自作ケースを作るのもいいかもしれません。

対応機種を増やしたり、ハードケースや手帳型ケースなど、いくつかの形のものを用意したりすると、さまざまなニーズに対応できますよ!

スマホケースを自作する方法3つ

ここからは、スマホケースを自作する方法についてご紹介していきます。

ステッカーを貼る・ペーパーの切り抜きを貼る

お気に入りのキャラクターやロゴなどのステッカーを貼ると、無地のケースも自分らしいデザインに!

ペーパーナプキンの切り抜きやマスキングテープなどでデコレーションする方法もありますが、そのままでは耐久性が低いので、上からデコパージュ液レジンをかけて補強してくださいね。
きれいな状態で長く使うことができますよ。

イラストやデザインを手描きする

絵に自信がある人は、何もデザインされていない白や透明のケースに、直接イラストを描いてもいいでしょう。
綺麗に仕上げれば、手描きらしい味わいのある個性的なケースになります。

レジンを使ってデコレーションする

エポキシレジンUVレジンを使うと、ケースのデコレーションの幅が広がります。
ツヤツヤとした質感や、透明感のあるデザインを作りたい人に向いているかもしれませんね。

また、手描きのデザインの上からレジンをかければ、仕上がりが美しくなり、デザイン部分の保護にもなるためオススメです!

依頼してケースを作る方法を紹介

ここまでデザインの自作方法をご紹介してきましたが、クオリティを上げようとすると、手先の器用さや、デコレーションの技術が必要になりますよね。
自作するのが難しい、ハイクオリティなケースを簡単に手に入れたいという場合は、依頼してケースを作ってもらう方法もあります。

好きなイラストレーターに依頼する

好きな作風のイラストレーターにお金を払って依頼すれば、オリジナルのイラストを描いてもらえる場合があります。
ですが、人気のイラストレーターほど忙しく、依頼できない状況だったり、依頼金額が高額だったりする可能性も……。

まずはイラストレーターのスケジュール状況や、依頼にかかる金額を確認し、依頼できるか検討しましょう。

コミッションサイトで依頼する

「イラストコミッション」とは、プロ、アマ問わず、自分好みの絵を描くイラストレーターに、オーダーメイドでイラストを描いてもらう文化のこと。
この”コミッション“でイラストレーターに相談し、スマホケース用のイラスト制作を依頼する方法もあります。

コミッションが盛んに行われている「コミッションサイト」には、多くのイラストレーターが集まっているため、より相談しやすいかもしれません。

コミッションサイト「SKIMA」

 

SNSなどで依頼する

最近は、SNSブログなどで活動するイラストレーターは多くなっています。
SNSやブログで好みの絵を描くイラストレーターを見つけたら、メールやコメントを送り、スマホケース用イラストの制作を依頼してみましょう。

まとめ

自分でデコレーションしてもよし、イラストを描いてもよし、イラストレーターにオーダーメイドで作成してもらうもよし。

オリジナルのスマホカバー、アイフォンケースを手に入れる方法は、たくさんあります。
誰ともかぶらない個性的なデザインのケースが欲しい方は、今回の記事を参考に、オリジナルケースを作ってみてはいかがでしょうか?


参考になった!と思ったら、ぜひシェアをお願いします。