iPhoneのお絵描き性能がすごい!おすすめアプリ&タッチペン紹介

iphoneのお絵描き性能がすごい!おすすめアプリ&タッチペン紹介

どんどん便利になっていく、iPhoneのお絵描きアプリ
最近では、非常に高性能なアプリが無料で使えるようになってきたことをご存知でしょうか?

今回の記事では、iPhoneで使える高性能なアプリを、お絵描きに欠かせないタッチペンとセットでご紹介していきます!

お絵描きアプリはこんなに高機能!

仕事でも趣味でも、パソコンのペイントソフトを使ってイラストを描いている人は多いと思います。
そんなパソコンでの作業に慣れている絵描きさん達からすると、

「スマホでマトモに絵が描けるわけない!」

と感じる方もいるかもしれません。
しかし実は、iPhoneでもパソコンのように絵を描くことができちゃうんです!

レイヤー機能

お絵描きアプリでも、パソコンのようにレイヤー分けして絵を描くことができます。
「乗算」「オーバーレイ」、「透明度調整」などの効果や、便利な「クリッピング機能 」などのレイヤー効果もバッチリ使えて、かなりの充実具合。

コマ割り、トーン、文字入れ

漫画を描く人にとって大切なのがコマ割りトーン
なんと、iPhoneアプリにもコマ割り、トーン貼りができるものがあるんです。更には文字入れ機能付きのものまで!

PSD形式で保存できる

アプリによっては、PSD形式で保存することができます。
「出先で描いてパソコンに送り、帰宅してからパソコンで作業する」といった合わせ技ももちろん可能。
また、一部アプリは保存形式「clip」でも保存できるため、CLIP STUDIO PAINT EX を持っている絵描きさんにも便利です。

iPhoneで絵を描くメリットとデメリット

お絵描きアプリの機能についてご紹介しましたが、ここからはより詳しく、スマホお絵描きのメリットデメリットについて解説していきます。

メリット1:いつでもどこでも描ける

iPhoneで絵を描く大きなメリットは、いつでもどこでも絵が描けるということです。
軽くて持ち運びしやすく場所をとらないのは、パソコンにはないポイントですよね。

メリット2:指での操作が便利

キャンバスの回転・ズームなどが、指で簡単に操作できるのも大きなメリット。
右手で描いて左手で回転・ズームする操作に慣れると、かなり使い勝手が良いですよ。

メリット4:アプリをじっくり吟味したり、使い分けしやすい

無料で手軽にインストール・アンインストールでき、自分に合った作業環境を整えやすいのもアプリのメリットのひとつ。
線画を起こす用、色塗り用、漫画用など、目的に合わせて上手に使い分けると作業がはかどります。

デメリット1:画面が狭い

最近はスマートフォン全体で画面がより広く、見やすいものが増えています。
とはいっても、パソコンと比べてしまうとやはり画面が狭い
慣れればサクサク作業できるようになりますが、目や身体への負担が大きいことには変わりないので、長時間の作業にはあまり向きません。

デメリット2:アプリが落ちる危険がある

アプリの中には安定性に不安があるものもあり、突然アプリが落ちて作業データが消えてしまうことがあります。
また、充電を忘れ、作業中にうっかりバッテリーが切れてしまう危険もあります。
iPhoneでイラストを描く時は、パソコン作業時以上に細かく保存しておきましょう。

NEXT

次のページでは、オススメのアプリを具体的に紹介していきます。