フリーイラスト素材を『商用利用』する時に知っておくべき3つのこと

フリーイラスト素材を商品や商用のホームページなどで『商用利用』するときに気をつけなければならないことがあります。

規約やルールを守らないとトラブルに発展するケースがあり、「知らなかった」では許されません。

企業がフリーイラスト素材を『商用利用』する場合は、トラブルに発展して損失に繋がることもあるので特に注意が必要です。

フリーイラスト素材を『商用利用』する時に知っておくべき3つのこととは?

フリーイラスト素材とは?

インターネット上には無料で使用できるイラスト素材が無数に存在して、それらをフリーイラスト素材といいます。

フリーイラスト素材を集めたサイトも多数あり、さまざまシチュエーションで使い勝手のいいイラスト素材が用意されていて多くの人がフリーイラスト素材使用しています。

フリーイラスト素材は、作者が著作権を放棄している場合や著作権を持ったまま使用を許可している場合があります。

基本的にフリーイラスト素材は自由に使うことができますが、サイトには規約が定められていることが多く、規約で禁止されている使用はできません。

私的利用であれば問題ありませんが、商用利用をするときはトラブルを避けるためにも著作権や規約のことを知る必要があります。

フリーイラスト素材でも『商用利用不可』がある

フリーイラスト素材の中には『個人利用のみ可』で『商用利用不可』としているものがあります。

『商用利用不可』は直接的にも間接的にも利益が発生する場合は使用できず、商品や商用ホームページでも使用することはできません。

規約で商用利用を禁止しているサイトもあれば、イラストの著作権者が個別に禁止していることもあります。

フリーイラスト素材を商用利用するときは、『商用利用可』であるかの確認が必要です。

フリーイラスト素材でも『加工禁止』がある

イラストに吹き出しを付けたり企業の名前を入れたりして『加工』して商用利用することがあリますが、フリーイラスト素材の中には『加工禁止』しているものがあります。

『加工禁止』のイラストは一切手を加えることなく、使用しなければなりません。

フリーイラスト素材を加工して商用利用するときは、『加工可』であるかの確認が必要です。

フリーイラスト素材でも『出典必須』がある

出典を載せることを条件に使用を許可しているイラスト素材があり、それを商用ホームページや印刷物などで使う場合は、出典を明記しなければなりません。

フリーイラスト素材を商用利用するときは、イラストが『出典必須』でないかの確認が必要です。

まとめ

フリーイラスト素材を商用利用するときに気をつけること

・『商用利用不可』のイラストを使ってないか

・『加工禁止』のイラストを加工してないか

・『出典必須』のイラストは出典を明記しているか

基本的には自由に使えるフリーイラスト素材ですが、規約やルールは守らなければなりません。

商用利用のイラストをお探しの方は、『SKIMA』でイラストのオーダーを検討してみてはいかがでしょうか。

デザイン・イラストのオーダーマーケットの『SKIMA』なら予算に合わせてご希望のイラストをイラストレーターに直接依頼することができます。

デザイン・イラストのオーダーマーケット『SKIMA』