クリエイターざべおインタビュー 「特別な一つの作品としてご提供させていただければ幸いに思います」

クリエイターざべおインタビュー

好評いただいているインタビュー企画、今回はクリエイターざべおさんです!
引き込まれるような独特の世界観をお持ちで、SNSアイコンから小説の表紙までマルチに活躍しているクリエイターさんの登場です♪
SKIMAではどんな活動をしているのでしょうか?早速うかがっていきましょう!

特別な一つの作品としてご提供させていただければ幸いに思います

まずは、SKIMAに登録したきっかけを教えてください。

ざべお

イラストに携わるお仕事がしたいと思い、ネットでイラストレーターの登録サイトを検索していた時に登録させていただきました。

普段から職業イラストレーターとして活動されていますか?

ざべお

はい。専門学校を卒業してからは本格的にフリーランスとしてまだ1年と浅いですがイラスト一本で活動しています。

お客様を集めるためにやっていることや工夫していることはありますか?

ざべお

pixivやTwitterなどを見てお声をかけて頂くことが多いのでTwitterでシレっと宣伝したりしますね。

クライアントからファーストコンタクトがあってからのおおまかな取引の流れを教えてください。

ざべお

基本的にはコミッションにあるテンプレートに必要情報を記載して頂いてから、イラスト内容の打ち合わせが済み次第、ラフ制作へと移ります。
カラーラフにご満足いただけましたら料金のお支払い→完成品の納品という流れとなります。

イラストの価格はどのように決めていますか?

ざべお

イラストの描き込み量やサイズに合わせて設定しています。
決してお手軽な値段とは言えませんが、だからこそ特別な一つの作品としてご提供させていただければ幸いに思います。

お客様に不信感を与えない、安心していただくこと

取引のなかで気を付けてることがあれば教えてください。

ざべお

第一にお客様に不信感を与えない、安心していただくことです。
中には取引が初めてで不安な方もいらっしゃると思いますので、そんな方でも安心してお取引できるよう心がけています。
具体的な例を挙げると、pixivやTwitterのアカウントを載せることでクリエイターとしての質をご確認していただいたり、 明確なスケジュールの提示。納期は厳守。必要最低限のビジネスマナーは勿論とにかく安心して気持ちの良い取引をして頂きたいですね。
ネットやデータ上でのやり取りだと金銭トラブルや音信不通などのリスクがあるのは事実ですから。

イラストを描くときに必ずやることはありますか?

ざべお

必ずということでもないんですけど、大体音楽を聴いたり映画を流すことが多いですね。

逆にイラスト制作が捗らないときにやっていることはありますか?リフレッシュ方法など。

ざべお

愛猫を弄り倒したり、筆を投げてゲームや映画鑑賞に勤しみます。
気力がある時は人物クロッキーや図書館に行って創作意欲を高めることもあります。

取引の中で思い出に残ったことや嬉しかったことがあれば教えてください。

ざべお

納品したイラストについての感想を頂いたり、リピートでご依頼いただけた時はとても嬉しくてつい文面がはしゃいでしまいますね…

最後にSKIMAユーザーへひとことお願いいたします。

ざべお

初めまして、ざべおと申します。
また、過去にお声をかけて下さったクライアントの皆様。いつもお世話になっております。
今後もし興味を持っていただけましたら買う買わないはさておき、ご相談だけでも是非お気軽にご連絡頂ければ幸いです。 今後とも、何卒よろしくお願いいたします。