動画を2画面にしたい!編集におすすめのアプリ&フリーソフト

キーボード

動画の魅せ方にはさまざまな方法があります。2つの動画を素材として画面内に表示する「2画面」も、個性的な編集の1つといえるでしょう。

動画撮影では1つの画面しか生成できないため、2画面の動画は編集機能を使って作成します。一見難しそうに見えますが、専用ツールを使えば簡単に好きな位置で分割表示ができ、効果的なシーンを作り出せます。

ここでは2画面編集する際におすすめのアプリ&フリーソフトをご紹介します。

2画面の動画とは?

普段から動画を見る人であれば、1度は2画面の動画を見たことがあるでしょう。2つの動画を1つにまとめた動画は「コラージュ動画」とも呼ばれています。

こんなときに便利!

2画面の動画はビフォーアフターなどによく利用されます。効果や効能を伝えたいときは一目で内容がわかるため便利でしょう。また、同時に2つのものを表現したいときにも最適です。たとえば同時刻に2人の人物がどのような行動をしていたかを比較するときは、2画面のほうがわかりやすく表現できます。

編集時の注意点

コラージュ動画はそれぞれの違いが大きいほどインパクトが増します。あまり差異がないと効果が望めないので注意しましょう。編集時には、視聴者側の視点に立って面白みががあるかどうかチェックすると良いかもしれません。

簡単にビデオコラージュしたい!

スマホで撮影したムービーは、アプリを使って簡単にコラージュできます。アプリによって性能は違いますが、ここでは手軽に使えるアプリを2つご紹介します。TwitterやInstagramへの投稿にも使えるので便利です。

PicPlayPost

簡単にビデオコラージュが作れるビデオ&写真の編集・加工アプリです。48種類のフレーム、6つのフレーム比率が用意されており、ドラッグ&ドロップで配置調整できます。動画だけではなく写真もコラージュしたい人におすすめです。
外部サイトへ: PicPlayPost

VideoCollage

動画&写真コラージュ専用アプリです。64種類のコラージュフレームが用意されており、複数のアスペクト比に対応しています。写真と動画を結合したコラージュも可能。複数コラージュからスライドショーも作成できます。
外部サイトへ:VideoCollage

スマホで本格編集したい!

スマホ

動画撮影から編集まですべてスマホで完結させたい場合は、編集機能が高めなアプリがおすすめです。利用ユーザーが多いので、使い方や操作方法、設定の変更など、さまざまな情報が共有できて安心でしょう。それぞれPC版があるソフトなので、併用するのも良いかもしれません。

iMovie(iPhone)

アップルが提供している「iLife」に含まれるビデオ編集ソフトのアプリ版です。8種類のオリジナルテーマや10種類のビデオフィルタを使って効果的なムービーを作れます。スローモーション、早送り、各種エフェクトの追加やサウンドトラック制作などが可能。AirDropやiCloud Driveを使えば、iPadなどの異なるデバイスにプロジェクトを転送できます。アップル製品の利用が多い人なら丁度良いでしょう。
外部サイトへ:iMovie

PowerDirecter(android)

Windows用の動画編集ソフトとして有名な「PowerDirecter」のアプリ版です。基本的なカット編集、分割、BGM、アフレコ、エフェクトのほか、スローモーションや逆再生など多彩な再生速度に対応。さまざまな機能を搭載しているので、幅広い動画制作が楽しめます。ドラッグ&ドロップで編集できるため直感的に操作したい人におすすめ。4K解像度での出力も可能で、YouTubeやFacebookにも簡単にシェアできます。
外部サイトへ:PowerDirecter

フリーソフトで高クオリティに!

しっかり編集したい場合はPC利用がおすすめです。PC用の動画ソフトはさまざまな種類があるので、自分に合った操作しやすいものを選ぶと良いでしょう。ここでは無料で2画面編集できるフリーソフトをご紹介します。

AviUtl

Windows用の動画編集ソフトで、特定範囲のカット、動画の連結、テロップ入力、各種フィルターなど、動画編集に必要な機能を搭載しています。プラグインによる機能拡張も可能なので、自分用のカスタマイズができて重宝するでしょう。ニコニコ動画やYouTubeの動画編集にもよく利用されるソフトです。

MacX Video Converter Free Edition

Mac用の動画編集&変換ソフトで、有償の「MacX Video Converter Pro」の無料版として知られています。動画変換機能に優れており、初心者でもわかりやすい設計が特徴。有償版には劣りますが、編集機能もそろっています。操作性が気に入った場合は有償PRO版へのアップグレードを検討してみると良いかもしれません。

まとめ

スマホアプリやフリーソフトを使えば2画面編集は簡単にできます。ワンランク上の作品を作りたいときや、インパクトのある表現をしたいときは、動画を分割表示して効果的なシーンを作成してみると良いでしょう。

さらに高度な編集をしたい場合は有償ソフトの購入が必要です。ただし製品によって機能や操作性が異なるため、まずはフリーソフトを試してみると良いかもしれません。