動画に手書き文字を挿入する方法は?おすすめ加工アプリ4つ

手書き文字

ネット上の動画にはさまざまなテロップが使われています。テロップは状況を説明するだけではなく、テレビのバラエティのように動画を面白くする役割も担っており、その種類は豊富です。そのため、動画編集の際はどんなフォントを使うか迷うこともあるかもしれません。

そんなとき、一つの選択肢となるのが「手書き文字」です。普通のフォントとは違う手書き文字には、一体どんなメリットがあるのでしょうか。編集におすすめのソフトも併せてご紹介します。

手書き文字のメリット

手書き文字には既成のフォントにはない独自のメリットがあります。これは動画を制作するうえで一つの強みになります。

個性が際立つ

手書きの文字にはその人のクセが現れます。まったく同じように書くのは本人自身も難しいことから、この世にたった一つの文字を作り出せるでしょう。親近感もわくため、動画をより親身に感じてもらえるかもしれません。

独特な雰囲気を出せる

既成フォントのようにキッチリとした形ではないので、ほのぼのした感じや和む感じを出したいときに効果的です。動物や赤ちゃんといったテーマにもぴったりでしょう。

MV風にオシャレに!

手書き文字のミュージックビデオなどが人気ですが、そのような演出をしたいときにも重宝します。オシャレなイメージにしたいときや、みずみずしい雰囲気を出したいときにもおすすめです。

アプリ併用で合成!

動画に手書き文字を加えるには、いくつかの方法があります。一番スタンダードなのは、手書き文字を映像に合成する方法です。

スマホでは、動画にそのまま文字が書ける無料アプリはほとんどありません。そのため、最初に手書き文字を取り込み、その後に合成アプリを使用します。作業工程はやや多めですが、このパターンだとさまざまなアプリが利用できるため、選択肢が広がって良いでしょう。ここではアプリを併用するパターンを2つご紹介します。

CamScanner+合成スタジオ

CamScannerは、本、漫画、図面などの認識候補をデジタルファイルに変換して保存するスキャナアプリです。入力内容をテキスト化したりPDF形式で共有したりできます。仕事の効率化に利用されるアプリですが、動画用の手書き文字の取り込み手段としても利用可能です。

合成スタジオは最大20枚の画像を同時に合成できるレイヤー式合成アプリです。手書き文字を取り込んだ後、このアプリを使って画像と合成します。文字入りの画像が完成したら、それを素材に動画を編集していきましょう。

ここで紹介したもの以外でも、スキャナアプリと合成アプリを併用すれば同じ作業が可能です。自分にとって使いやすい支援機能を持ったアプリを選ぶことをおすすめします。

外部サイトへ:CamScanner

外部サイトへ:合成スタジオ

メモ帳+VLLO

iPhoneユーザーなら付属のメモ帳に手書き文字を保存できるため、それを動画編集アプリで合成すればOKです。

VLLOはシンプルなビデオ編集アプリで、外出先でも簡単に操作できます。一通り機能がそろっている上、そのままYouTube、Instagram、Facebookなどにアップロードできるので便利です。

外部サイトへ:VLLO

1つのアプリで完結!

スマホ

アプリを併用すればさまざまな方法で手書き文字を動画に追加できますが、複数のアプリを使うのは面倒だと感じる人もいるでしょう。

そのような場合は、動画編集ソフト内で手書きができるアプリがおすすめです。1つのアプリで完結させられるパターンは貴重なので、作業を簡潔にしたい人や時短したい人には重宝するでしょう。

Flipagram

ビデオ編集アプリのFlipagramを使うと、通常のフォント編集機能とは操作方法が異なりますが、手書きエフェクトとして文字が描画できます。

「Beatbrushes」という機能を使えば、音楽に合わせて文字や線を動かすことも可能です。

外部サイトへ:Flipagram Video Maker & Editor

文字を書いている風に!

動画の手書き文字のなかには、実際にその場で書いているような動きをするものもあります。このような加工をすると、動画がオシャレな雰囲気になり躍動感もプラスできます。一味違った動画を作りたいときにおすすめです。

PicsArt

PicsArtは豊富な機能が揃った写真加工&動画編集アプリです。このアプリには「作業中の画面を録画する」という機能があります。ペイント機能に付属する録画を使い、文字を描くところを撮影すると、それを文字アニメーションとして追加できるのです。手軽に手書き文字を追加できるので便利です。

外部サイトへ:PicsArt 写真&動画編集アプリ

まとめ

便利なアプリを使えばスマホだけでも手書き文字を挿入できます。アプリによっては併用する必要がありますが、使いやすいものを選べば作業効率もアップするでしょう。

手書き文字を挿入する場合でも、もちろん通常フォントは利用できます。編集作業は多くなりますが、通常フォントと手書き文字を使い分ければ、個性豊かな動画を作れるかもしれません。


参考になった!と思ったら、ぜひシェアをお願いします。