イラストを描くアルバイトがしたい!仕事を見つける2つのポイント

イラストを描くアルバイトがしたい!仕事を見つける2つのポイント

イラストを描いてお金を稼ぐ方法には、「イラスト、ゲーム制作会社で正社員として働く」、「イラストレーターとしてアルバイトで働く」、「フリーランスで仕事を探す」など、さまざまなものがありますよね。

その中でも、イラストのアルバイトは手軽に始めやすく、メリットも多いため、初めて絵の仕事を経験する人にオススメの方法です。

今回の記事では、イラストのアルバイトを経験するメリットや、仕事を見つける方法についてご紹介していきます。

イラスト関係のアルバイトを経験するメリットとは?

まずは、イラスト関係のアルバイトを経験するメリットについてご紹介していきます。

働きながらイラストを学べる

仕事としてイラストを描くと、依頼者から絵に意見や感想をもらえたり、上司に構図や形の歪みを添削してもらえたりするため、個人で練習するよりも絵の上達が早くなります。

もちろん、アルバイトをするにはある程度の基礎画力が必要になるので、そのための個人練習は大切です。
しかし、絵の仕事を一度も経験していないにもかかわらず、元からプロ並みの画力を備えている人はごくわずか。
多くのイラストレーターは仕事をこなしながら、イラストの描き方や上手く見せる方法、素早く仕上げる方法などを学び、画力をつけていきます。

人脈が広がる

イラスト関連のアルバイトをすると、職場の社員やバイト先の上司などとの人脈が広がります。

上司からは絵の描き方や、仕事のしかた、社会人としてのノウハウを教わったり、イラストの仕事の情報を聞き出せたりする可能性があるほか、場合によっては、仕事を紹介してもらえることも。

仕事を得るために重要な「人脈」を広げられるのも、イラストのアルバイトを経験する大きなメリットといえるでしょう。

情報を得られる

実際に仕事の現場へ足を運ぶと、絵の描き方ペンタブ、ペイントツールなどの使い方、現在のイラストの流行など、さまざまな情報が得られます。

職場の先輩やバイト仲間とは積極的に会話し、情報収集をしましょう。

自分の実績になる

イラストのアルバイトを経験しておくと、就職活動時のアピールポイントになります。

書類選考や面接を有利に進められるほか、アルバイトで学んだ仕事のノウハウや、パソコンや道具の使い方、絵を描くスピードなどは、実際に働き始めた際、大いに役立つでしょう。

学歴・年齢不問のアルバイトが多く始めやすい

応募者の年齢学歴を問わず、採用しているアルバイトは多くなっています。
重視されるのはイラストのと、「イラストを描く仕事がしたい!」という気持ちの強さ

業界未経験者、高校生や大学生など、どんな人にも道は開かれているので、気になるアルバイトを見つけたら、積極的に応募するといいでしょう。

どんなアルバイトがある?

ここからは、イラスト関連のアルバイトの種類について、いくつかご紹介していきます。

漫画家

漫画家といっても、週刊誌で連載を持つというようなプロの漫画家ではありません。
アルバイトとして募集されているのは、雑誌の一部に載せる四コマ漫画や、広告やWebサイトに載せる商品紹介マンガなどを作成する仕事です。

漫画家志望の人は、作品を編集社に持ち込みする、コンテストに出すといった活動の合間に、このような漫画の仕事を始めてみるのもいいかもしれませんね。

イラストレーター

現在、イラストレーターを募集している会社は多くなっています。

とくにスマートフォン向けアプリ、ゲームなどを制作する会社での募集が多く、主にキャラクターイラストキャラクターデザイン背景などのイラストが得意なイラストレーターを募集しています。

アシスタント

「イラストの仕事は未経験で、自分の絵のクオリティに自信がない……」という人は、まずアシスタントとしてアルバイトを始めてみるのもオススメです。

よく聞く漫画家やアニメ制作会社のアシスタントだけではなく、イラストレーター、デザイナーなどのアシスタントの募集も行われています。
まずはプロの下について勉強し、実力をつけてから他のアルバイトを経験してみるのも、絵の仕事を得るひとつの手段かもしれませんね。

次ページでは、実際にアルバイトの探し方について具体的に紹介していきます。