イラストの仕事としてグッズを売りたい!おすすめサイト6選

メモ帳

イラストレーターとしての仕事は、クライアントからの案件以外にもさまざまなものがあります。
そのうちの1つがグッズ制作です。
オリジナルのキャラクターや独自のロゴがある場合は、イラストレーターとしてのアピールにもなって丁度良いでしょう。

しかしグッズ制作には手間がかかります。
そこで今回は、グッズ制作&販売に便利なサイトを6つご紹介します。

グッズ制作&販売で収益アップできる?

グッズ制作は専門的なイメージがありますが、現在ではだいぶ身近になってきました。

フリーランスのイラストレーターなら収益アップも夢ではないでしょう。

デザイン経験がなくてもOK

グッズ制作は、デザイン会社で企画や業務に携わっている人やデザイン専門学校で経験を積んでいる人のほうが有利ですが、ネット上の専用サイトを利用すれば未経験者でも簡単に作れます。
サービスによっては面倒な作業をサイト側に任せることもできるので、時短しながらグッズ制作が可能です。

自分の発想を活かそう

個人でのグッズ制作では、自由な発想で物作りができます。
面白いものを作れば誰かの印象に残るでしょう。
そこから人気が出たり知名度がアップしたりする可能性もあります。

イラストデータから制作&販売できるサイト

グッズ制作関連のサイトは増えていますが、それぞれ特徴が異なります。

一番簡単なのは、データアップロードだけでグッズ制作から販売までできるサイトです。

BASE

どんなカテゴリでも無料で簡単にネットショップが始められるサービスです。
商品はアプリでも販売されるので多くの人の目に留まるでしょう。
インスタグラム連携が可能で、定期販売や数量限定販売、生配信販売などの機能も搭載。5つの決済がすぐに利用でき、金銭のやりとりや発送などすべて一任できます。

外部サイトへ:BASE

pixivFACTORY

Pixivにアップした絵や画像から30種類以上のグッズが1個から簡単に制作できます。
グッズはPixivと連携した無料ネットショップ作成サービス「BOOTH」で販売が可能。
注文ごとに製造・発送されるオンデマンド販売と、たくさん売るときにおすすめの倉庫直送販売が選べます。
保管・梱包・発送作業など面倒な作業は任せられます。

外部サイトへ: pixivFACTORY

グッズ作成ができるサイト

イベントなどでグッズ販売したい場合は、制作のみ可能なサイトが役立ちます。

自分のWebサイトで販売したいときにも丁度良いでしょう。

オリジナルプリント.jp

Tシャツをはじめ、マグカップ、バッグ、スマホケースなど1500種類以上のアイテムが1点から作成できるオンデマンドプリントサービスです。
同人関係向けに限定で作る場合や、自分用に1点ほしいときなど、さまざまなニーズに応えられます。
独自デザインツールも用意されていて便利。少量作りたいときにおすすめです。

外部サイトへ: オリジナルプリント.jp

FUJIFILMプリント&ギフト

富士フィルムによるネットプリントサービスです。
フォトブックやカレンダーはもちろんのこと、衣類から雑貨まで幅広くグッズが作れます。
プリントメインのグッズを考えているなら丁度良いでしょう。イベントの記念品やノベルティにも便利です。

外部サイトへ: FUJIFILMプリント&ギフト

グッズ販売ができるサイト

スマホとオンラインショッピング

すでに商品がある場合は、販売に特化したサイトの利用がおすすめです。

独自のショッピングサイトを作るのも1つの手ですが、ここでは簡単にストア作成できるサービスをご紹介します。

STORES

最短2分で自分専用の本格的なオンラインストアが作れます。
SNS連携、予約販売、顧客管理、定期販売、アクセス解析など多彩な機能がそろっており初心者でも安心です。
シンプルな操作性で直感的に使えるでしょう。
デザインもオシャレなので、サイトデザインにもこだわりたい人におすすめです。

外部サイトへ: STORES

SKIMA

グッズや作品を出品という形で販売できるイラストコミッションサイトです。
多くのクリエイターが登録しているので、大勢の人に見てもらいやすいでしょう。
グッズが目に留まれば、イラスト制作の依頼につながる可能性もあります。
イラストレーターとしてアピールするのにも丁度良いでしょう。

コミッションサイト「SKIMA」

まとめ

グッズ制作&販売ができるサイトはたくさんありますが、それぞれ特徴が違うため自分の希望に合ったサービスを選ぶのがポイントです。

既存グッズがある場合は、手軽に出品して宣伝できるSKIMAを利用してみてはいかがでしょうか。
コミッションの機能を使えば、依頼者の希望で新しくオーダーメイドグッズを制作することも可能です。
自由度が高いのでさまざまな使い方ができるでしょう。


参考になった!と思ったら、ぜひシェアをお願いします。