イラストを仕事にしている人たちの給料はどれくらい?お財布事情を解説!

電卓とお金

絵を描いて暮らしたいと考えている人にとって、一番気がかりなのは「どれくらいの年収が得られるか」でしょう。
絵に関わる仕事は、企業用Webデザインやキャラクターデザイン、個人用のアイコン制作など幅広く、その内容によって報酬も異なります。

ここではフリーランスやプロのイラストレーターの平均年収、また所得を増やすための方法などについてご紹介します。

プロのイラストレーターは稼げる?

イラストレーターには著名人も多いため、プロになれば稼げるのでは?と思うかもしれません。
しかし実際には、クリエイターによってかなり年収のバラつきがあります。全体的に見ると一般会社員より低い傾向にあるようです。

イラストレーターには専門の資格試験がないため、能力次第でいつでもプロとして活動できます。
専門学校や美術系の大学に通っている場合は特に仕事を得やすいでしょう。

誰でもすぐに就けるのが魅力ですが、たくさん稼げる人気クリエイターになるのは難しいといえます。
ただしイラストで稼ぐ方法は増えているので、やり方次第といえるかもしれません。

イラストレーターの年収

イラストレーターの実際の年収はどのくらいなのでしょうか?

一般的な平均年収と業種別の年収について、以下にデータをまとめました。

平均年収

イラストレーター業界の平均年収は、一般会社員よりやや低めです。
依頼にばらつきがあるなどの事情が関係しているでしょう。

年収:260万円~340万円
給料:18万円~24万円

独立&プロの場合

会社から独立した人やプロとして活動している人の場合は、平均年収よりやや高めです。
継続的な依頼や安定した報酬を得ていると考えられます。

独立イラストレーター:約400万円
プロイラストレーター:約500万円

業種別年収

会社に在籍している場合も高収入とはいえませんが、基本給の保証があることが大きいです。

デザイン制作会社事務所:約300万円
コンテンツ制作会社:約280万円
印刷会社:約270万円
広告代理店:約290万円

フリーイラストレーターの給料事情

財布とお金

イラストレーターの年収は人によってかなり違いますが、どの程度の年収を得ている人が多いのでしょうか。

年収800万以上はわずか

日本イラストレーター協会による過去の調査結果によると、50%以上が年収200万未満となっています。
プロのイラストレーターでも5年未満は年収100万円に満たないことも多く、高収入の人は一部だけといえそうです。

100万円未満:52.5%
200万円未満:24.6%
350万円未満:13.1%
500万円未満:5.7%
800万円以上:2.5%

働く場所も関係している?

高年収を得ている人のほとんどは、東京などの都市部でイラストレーターの仕事をしています。
どこでも仕事ができる職種ですが、地方は単価が低い傾向にあるようです。
これは都市部に会社があることも関係しているでしょう。
住まいが都市部の場合は綿密に連絡が取れるため、仕事が増え収入も高くなります。

給料をアップさせるには?

イラストの仕事でたくさん稼ぎたい場合は、報酬をアップさせる工夫が必要です。

以下の3つのポイントをチェックしてステップアップを狙いましょう。

単価を上げる

低単価の仕事でたくさん稼ぐには数をこなす必要があります。
スピードが速い人なら問題なく作業できるかもしれませんが、基本的には時間と労力が奪われて効率が悪くなってしまうでしょう。
年収アップしたい場合は、仕事1本あたりの報酬を高めることが必須です。

クライアントを選ぶ

大企業と繋がりが持てれば平均年収をあげることも可能です。
ただし名の知れた企業でも、足元を見て安値で依頼してくることがあるので注意しましょう。

駆け出しで実績を積みたいときは、知名度アップのために低単価で仕事を受けることもあるかもしれません。
しかし内容と金額が見合っていない場合は、本当にそれがプラスになるのか見極めが必要です。

収入口を増やす

現在ではイラスト仕事を得られる場所も増えています。
さまざまなサービスを利用すれば、それだけ新しいクライアントや仕事に出会えるでしょう。
特にコミッションサイトは、登録しておくだけで依頼が入る可能性があります。
収入口を増やしたい場合は、登録だけでもしておくことをおすすめします。

まとめ

全体的にはそれほど高収入とはいえないイラストレーターですが、好きなことで稼げるのはやはり魅力でしょう。
イラスト仕事を得る方法は徐々に増えているので、新しい稼ぎ方を開拓してみるのも面白いかもしれません。

これからイラストレーターになりたいと考えている人は、仕事の受注に慣れるためにもコミッションサイトの利用がおすすめです。
自信がつけば、さらに大きな仕事が得られるようになるでしょう。