副収入を得るには?受注がもらえるイラストレーター登録サイト3選

iPadでお絵描き

デジタル環境が整っている現在では、趣味でパソコンなどのツールを用いてイラストを描いている方も多いでしょう。そんなイラストで、少しでも副収入を得られたら良いなと思うことはありませんか?

自分にはそれほど技術がないから……と躊躇する方もいるかもしれませんが、世の中ではさまざまなテイストが求められているため、どんな人でも活躍できる可能性があります。

今回は、イラストレーターとして仕事をしたい人向けに、登録をおすすめするサイトをご紹介します。

イラスト素材サイト

さまざまなイラスト検索ができるのがイラストの素材サイトです。多くの人が利用するため、一般的なものからマニアックなものまで、幅広く取り揃えているのが特徴。ブログや資料作成などでも利用できます。

イラストAC

イラストACは、利用者数の多い有名な無料素材サイトです。クリエイター登録をすると、素材の提供ができるようになります。自分の作った素材がダウンロードされると収入が得られる仕組みです。

クリエイターへの直接依頼も可能なので、気に入ってもらえればイラスト制作を受注できる可能性もあります。また、イラストコンテストも開催されています。

外部サイトへ:イラストAC

Inmagine123RF株式会社

Inmagine123RF株式会社 は、クオリティの高いロイヤリティフリーの写真やイラスト、動画や音源素材を手に入れられるサイトです。
クリエイター登録をすると、素材の提供ができるようになります。

登録後に提出した画像のうち、10枚がパスするとロイヤリティが受け取れるようになるそうです。

外部サイトへ:123RF

クラウドソーシングサイト

仕事を発注したい人と受注したい人をマッチングするのがクラウドソーシングサイトです。案件内容が幅広く、企業から個人までさまざまなクライアントがいます。著作権の取扱いも案件ごとに設定可能です。

ランサーズ

ランサーズは、ネットで簡単に仕事が探せるフリーランスプラットフォームです。ゲーム制作、アプリ開発、コンテンツ制作、ロゴやキャラクターデザインなど多数の仕事があります。会員登録無料なので、手軽に仕事が始められるでしょう。個人ページでは案件紹介もしてもらえます。

外部サイトへ: ランサーズ

クラウドワークス

クラウドワークスは、ネットで簡単に仕事が探せるフリーランスプラットフォームです。
イラストやデザインでなくコーディングやプログラミングなど、様々な仕事があります。会員登録無料なので手軽に始めやすい上、どうやって仕事を探したらよいか等のフォローもしっかりしています。

外部サイトへ:クラウドワークス

コミッションサイト

イラストレーターに有料で、イラストリクエストできるのがコミッションサイトです。海外のほうが盛んですが、日本でも徐々に人気が高まっています。誰でもオーダーできますが、基本的には個人のためのオーダーメイドといった側面が強いのが特徴です。

SKIMA

SKIMAはキャラクターイラスト、版権イラスト、似顔絵、文章、悩み相談など、自分が持つ得意スキルを何でも売り買いできる総合スキルマーケットです。商品の仕様や価格は、ご自分の好きなように決められます。積極的に営業するのは不安だという方でも、出品しておけばOKなので気軽に利用できるでしょう。作家ページにはギャラリーも作れるため、好きな絵をアピールできます。

コミッションサイト「SKIMA」

初めてでもイラストで副収入を得られる!

初心者マークのハート版

イラストで収入を得られる場所は徐々に増えています。それだけ需要があるので、初めての人でも副収入を得たい場合はどんどんチャレンジしてみましょう。

独学でもOK

絵の好みは千差万別です。緻密でリアルな絵が好きな人もいれば、緩めのヘタウマ絵に愛着を感じる人もいます。企業が募集するイラストに関しても、用途によってさまざまなテイストが求められます。

専門の勉強をしている方は有利ですが、独学だからといって仕事が得られないわけではありません。高度な画力よりも、柔軟な対応や斬新なアイディアが求められることもあります。

副業、兼業でも稼げる

ここ数年は副業をする方も増えています。会社員なら週末を利用して、イラスト制作を受注することも可能でしょう。時間が限られている分、集中して作品制作できるかもしれません。

また、案件によっては現在の環境が武器になります。例えば、育児サイトに利用するイラストの場合、子育て中のクリエイターが最も実感のこもった絵を描きやすく、クライアントの意向も汲めるでしょう。絵に関するスキル以外でも、このように現在の自分が強みになるパターンがあります。

美大生などは専門性が武器に

美大やイラスト系の専門学校に通っている学生は、専門性が武器になります。基礎デッサン力が高いので、初めての場合でも、高レベルを求めるものや高単価の案件に挑みやすいでしょう。学生であることをクライアントに伝えたり、詳細な作品データを提示したりするのも一つの手段です。

学生のうちにイラスト制作を経験しておけば、就職時のアピールにもなります。実績を積む上でもおすすめです。

まとめ

どんなイラストにもそれなりの需要があります。趣味で描いている絵でも、有償で描いてほしいと考える人がいるかもしれません。まずはイラスト制作が可能だと周知するために、一番手軽なコミッションサイトに登録してみると良いでしょう。

学校や仕事で忙しい方や、オーダーを待ちたいという場合にも、コミッションサイトが最適です。イラストレーターとして副収入を得るための一歩を踏み出しましょう。